マキマスカで喫煙するようになって変わったこと

 

※ 開発者が毎回の喫煙にマキマスカを使用し、6ヶ月経過した時点での個人的感想、及びマキマスカ・オーナーの皆様より寄せられた情報を基にしています

 

 

エコノミー&エコロジー

 

・いわゆる従来のタバコ(箱入りシガレット)だった人なら、毎月約10,000円の節約が可能です。

 

・使い捨てフィルターで手巻きタバコだった人は、タバコ葉の量と本数が減り、使い捨てフィルター代金は一切がかかりません。

 

・フィルターを使わない手巻きタバコだった人は、喫煙味は良くなり、これまで吸えずに捨てていた、1本のタバコの約20%程度の根元部分が節約できます。これは、シャグを5コ買ったうちの1コを捨てている計算です。

 そして、ヤニで汚れた指先の黄ばみが消えていきます。

 

 

 

メンタル&フィジカル

 

・喫煙は誰に見せるものでもありませんが、美しいマキマスカ・ジョイントからは、手巻きタバコ特有のチプ感を感じさせません。 

 

・喫煙タイムは大満足するようになっても喫煙回数はグンと減り、間隔が空くようになると、半日程度吸わなくても平気になってきますので、外出の際、タバコを持ったかどうかを心配する事もなくなってきます。家の中だけで喫煙していても、外出中にイライラしなくなりますので、最近の嫌煙社会には向いているのではないでしょうか。

 

 

 

・他人からはタバコをやめたのかと聞かれるようになりますが、実は、タバコの味がよくわかるようになり、香料などの添加物に騙される事なくシャグを選ぶようになります。

 

・本来タバコが体質的に合わなかった人などは、無理することなく自然に禁煙へと向かいます。

 

 

 

これからもタバコに支配されますか?

 

ニコチンは自分でコントロールしましょう

 

→マキマスカを使えば手巻きタバコが巻けますか?